Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「マーケットインの産地づくりへ」先進産地を徹底分析 JCAが著書出版2021年2月16日

一覧へ

日本協同組合連携機構(JCA)は1月31日、「新刊『マーケットイン型産地づくりJA~農協共販の新段階への接近~』」=写真=を出版した。JA長野八ケ岳(長野県)、JAとぴあ浜松(静岡県)、JA富里市(千葉県)、JA紀州(和歌山県)、JA里浦(徳島県)の先進的な取り組みを分析している。

マーケットイン型産地づくりマーケットイン型産地づくり

JCAは2017年から、マーケットインに対応した園芸産地づくりについて、愛媛大学の板橋衛教授を座長に、調査研究してきた。具体的なあり方として、卸売市場から川下にある実需者を顧客として認識し、そのニーズに働きかけるため、JAの営農販事業や生産部会を見直すことを『マーケットイン型産地づくり』としてとらえて、理論と実証の両面から検討してきた。

板橋教授の編著で、坂知樹(長野県農協地域開発機構)、岸上光克(和歌山大学)、尾高恵美(農林中金総合研究所)、西井賢吾(JCA)、岩﨑真之介(同)の各氏が執筆した。発行は筑波書房で本体価格3000円(税別)。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る