Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
SP:右上長方形 アリスタライフサイエンス(株)トクチオン乳剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

令和2年産米「契約栽培米多収コンテスト」を開催 JA全農おかやま2021年4月20日

一覧へ

JA全農おかやまは4月7日、8日に、令和2年産米「契約栽培米多収コンテスト」の表彰式を開催した。「地域の平均単収からの増収の部」では、平均より190Kg多い10aあたり700Kgを収穫した久米郡美咲町の最上忠さ氏が最優秀賞に輝いた。

最上氏(左)と全農おかやま伍賀弘県本部長最上氏(左)と全農おかやま伍賀弘県本部長

今回は新型コロナウイルス感染拡大防止として、晴れの国岡山農協の新見統括本部と津山統括本部の2ヵ所で密を避けるため、訪問形式で実施した。

同コンテストは、多収品種の栽培技術と生産現場の意欲向上を目的に毎年開催され、「単位収量の部」と「地域の平均単収から増収の部」の2部門で構成される。

令和2年産米には16名の申込みがあり、「単位収量の部」では、新見市哲西町の(株)米見(晴れの国岡山農協新見統括本部)が10aあたり714Kgを収穫し、最優秀賞を受賞。(農)ファームやだたに鯉が窪(晴れの国岡山農協新見統括本部)が708Kgを収穫し、優勝賞に選ばれた。

「地域の平均単収からの増収の部」で、最優秀賞に輝いた最上氏は、「かきがら資材による土づくりや穂肥の施用、JAの担当者の適切な指導が多くの収量を得たことにつながった」と受賞の要因を語った。

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2021

DiSC:SP

原発処理水海洋放出

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る