Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
全農ビジネスサポート:センター上:PC
全農ビジネスサポート:センター上:SP

促進目標上回る実績-JA全国共済会令和2年度決算2021年6月11日

一覧へ

JA全国共済会(全国農林漁業団体共済会)は6月10日の通常理事会で令和2年度決算を承認した。

JAの事業利益に相当する「評価損益等調整前当期経常増減額は、管理費削減に取り組んだものの、低金利の長期化で債権利息収入の減少で前年度比4.5億円減の△0.7億円となった。計画では△7.6億円としていたことから計画を大幅に上回った。

JAの当期剰余金に相当する「正味財産」の増加額は証券投資信託の売却収益と評価益の増加で19.7億円増の15.6億円となり、2年度末における正味財産の額は511.4億円となった。

将来の運用リスクへの備えである「事業基盤強化準備金」は0.8億円を積み増し積立残高は322億円となった。これにより「責任準備金」に対する積立比率は7.07%となり、目標の7%に達した。

事業概況では、JAの役職員が減少した被共済者数が減少したが、コロナ禍でオンライン会議などを積極活用することで加入や増口が増え、目標160万口に対して185万口を達成した。新規加入者数は7251人だった。

総資産額は5126億円でJAの退職給付債務額の約47%に相当する。

JAの加入率は93.6%。「制度」、「施設」の100%加入県は30都府県で前年度から福井、岡山の2県が増えた。

掛金収入は286億円。退職者数は9454人で退職給付金支給額は402億円だった。

最新の記事

ダイヤ工業株式会社:右上:SP

JA人事

ヤンマーSP

農協時論

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA全農・部長インタビュー:2021年度事業計画

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る