Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:サンケイコテツベイト
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「オフィスで野菜」鳥取スイカのサンプリングを実施 JA全農とっとり2021年7月7日

一覧へ

株式会社KOMPEITO(東京都渋谷区)が展開する置き型の社食サービス 「OFFICE DE YASAI (オフィスで野菜)」は、全国の地方自治体や各地のJA、JA全農と連携し、「オフィスでやさい」専用冷蔵庫や独自のアプリ「YASAI PAY(ヤサイペイ)」で、地方の特産品を月替りで購入できる地方応援企画を実施。6月は、鳥取県産すいかのオフィスサンプリングを行い、1500人のオフィスワーカーが「鳥取すいか」を堪能した。

「オフィスで野菜」鳥取スイカのサンプリングを実施 JA全農とっとり

各地域のJAや全農は、コロナ禍で、これまで百貨店などの店頭で実施していた試食販売特産品や農産品の販売促進が制限され、消費者に実際に食べてもらう機会が作りにくくなっている。そこで、実食を伴うプロモーションを安心・安全にできる場所として、同社の広告・マーケティング事業「OFFICE DE MEDIA(オフィスでメディア)」が連携し、オフィスに設置した「オフィスでやさい」の冷蔵庫で鳥取すいかのPRを行った。

JA全農とっとりとの取り組みでは、鳥取県産すいかを手軽に食べやすい大きさにカットし、企業のオフィスに設置した冷蔵庫で試食サンプリングを実施。実際に食べてもらうことで「鳥取すいか」の美味しさを伝えるほか、認知の拡大を目的にSNSのTwitterとInstagramを活用し、鳥取大玉すいかが25人に当たるキャンペーンを実施した。

鳥取県は雨が多い冬場と一転して春は晴れの日が多く、日照量にも恵まれているため、美味しいすいか作りに適している。豊かな自然と生育期の日照量を活かして栽培される「鳥取すいか」は、生産者の徹底した栽培管理と手間暇により、大玉で、甘さとシャリ感のあるすいかに仕上がる。JA全農とっとりの担当者は「コロナ禍で今年も量販店等での試食販売の実施が難しい状況の中、消費者の方に鳥取すいかの美味しさを知ってほしいという生産者の想いを受け実施した。今回の取組みを通じて、関東地区での鳥取すいかの認知拡大につながることを期待している」と話している。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る