Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

コロナ禍の学生を県産食材で支援 JA全農いわて2021年7月14日

一覧へ

JA全農いわては7月12日、コロナ禍で経済的な影響を受けている学生を支援しようと、岩手大学に県産食材を贈呈した。

JA全農いわての林副本部長(右)と岩手大学の小川学長JA全農いわての林副本部長(右)と岩手大学の小川学長

同大学への食材の提供は、県産食材の魅力を学生にPRするとともに、新型コロナウイルスで経済的な影響を受けている学生の栄養面をサポートしたいとの想いから企画されもの。

今回贈呈した食材はトマト2304個、キュウリ1050本、牛肉35kg、豚肉100kgで、これらの食材は大学構内3カ所の学生食堂のメニューに活用される。

7月12日には贈呈式が行われ、JA全農いわての林伸彦副本部長から岩手大学の小川智学長に目録が手渡された。

林副本部長は「今回の取り組み通じて、学生の栄養面をサポートするとともに、全国各地から岩手県内に来てくれた皆さんに、『純情産地いわて』の農畜産物を広く知ってもらえることを期待しています」と話した。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る