Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

全体交流会で親睦を深める JA松本ハイランド女性部2021年7月14日

一覧へ

JA松本ハイランド女性部は7月2日、女性部全体交流会を松本市総合体育館で開き、女性部員や女性理事ら92人が参加した。

レクリエーションの様子レクリエーションの様子

昨年11月のJA合併に伴い、女性部も統合。新たに3支部が加わり、現在23支部、約1800人の部員で構成され、部員同士の親睦を深めようと交流会が企画された。

全体交流会の開催にあたり、新型コロナウイルス対策として、支部ごとの参加人数を限定したほか、マスクの着用、手指の消毒などを徹底し行われた。

開会式では、統合前の各JA女性部で活動してきたスコップ三味線グループの「ハイランドフラワーズ」と「JAB4080」が合同で演奏を披露し、会場を盛り上げた。

交流会では、ラジオ体操で体をほぐしたあと、支部混合で18のチームに分かれ、ジェスチャーゲームやJA、農業に関する〇×クイズなどに挑戦。チームごとに協力し合いながら、レクリエーションを楽しみ、部員同士の親睦を深めた。

磯部紀子女性部長は「合併後、全支部合同で交流するのは今回が初めて。顔をあわせて、一緒にレクリエーションを楽しむことで、絆を深めることができた。今後もコロナの状況を見ながら、今できる活動に取り組みたい」と話した。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る