Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JAべっぷ日出のカボチャ「日出の恵」 収穫の最盛期迎える JA全農おおいた2021年7月15日

一覧へ

JA全農おおいたによると、JAべっぷ日出管内で生産するカボチャが出荷の最盛期を迎えている。

収穫したカボチャ(貯蔵前)収穫したカボチャ(貯蔵前)

大分県の中部に位置する日出町は、カボチャの出荷量が県内一を誇る産地として知られ、JAべっぷ日出かぼちゃ部会では、部会員30人が約9ヘクタールで生産している。

同JA管内で収穫したカボチャは、約1週間ほど貯蔵し、糖度を高めた状態で出荷される。こうすることで、品質の良いかぼちゃを安定的に販売し、ブランド力の向上に努めているという。

「日出の恵」は、JAべっぷ日出の直売所「旬の館」で購入することができる。このカボチャを使用した商品開発にも取り組んでおり、カボチャペーストを使った同JAオリジナル商品「旬のアイス」も販売している。

出荷の最盛期を迎えた「日出の恵」は8月中旬まで、県内や北九州を中心に約100tの出荷を予定している。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る