Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:サンケイコテツベイト
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

パックごはんの新商品「農協ごはん」 JAタウンで先行発売 JA全農、JA全農ラドファ2021年7月28日

一覧へ

JA全農と子会社のJA全農ラドファは、全農グループが展開する「農協シリーズ」の新商品「農協ごはん」を7月29日からJAタウンで先行販売。東北・関東エリアを中心に、一部小売店舗でも順次販売を開始する。

「農協ごはん」「農協ごはん」

米の消費量は年々減少する一方、パックごはんの需要が増加している中、JA全農では国産米のさらなる販売拡大を目指し、同商品を開発した。

今回新たに「パックごはん」が加わった「農協シリーズ」は、国産農畜産物を全農グループがこだわりをもって製造・販売することで、生産者と産地の想いを消費者に伝えることをコンセプトにした全農のナショナルブランド。これまで「農協牛乳」「農協珈琲」「農協ヨーグルト」「農協たまご」を展開している。

「農協ごはん」は、JA全農ラドファこだわりの「ガス直火炊き」・「シャリ切り」製法で、国産米を強火、大釜で炊き上げ、炊き上がったあとにシャリ切りし、余分な水分をとばすことで、ふっくらつややかなごはんに仕上げた。添加物不使用で米本来の味が味わえる。内容量180g、参考価格は税込205円。

全農グループでは「パックごはんの販売を通じて、国産米の消費拡大を促進するとともに、生産者の営農の安定をはかっていく」としている。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る