Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:サンケイコテツベイト
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

共済は助け合い 3Q訪問「根底をなす行動」-柳井JA共済連理事長2021年7月30日

一覧へ

JA共済連の2020年度実績は生命保障で前年度比103.0%(推進総合実績)とコロナ禍以前を超える実績となった。新型コロナ感染症の拡大で組合員・利用者に不安が広がるなか、現場ではLA(ライフアドバイザー)が「お変わりありませんか」と3Qコールを積極的に活用した。7月29日の総代会後の記者会見で柳井二三夫JA共済連代表理事理事長(写真)は「この活動が助け合いによる事業の根底をなす行動だと確認できた。しっかり取り組むことで結果は出るいう自信にもつながった」と話した。

共済は助け合い 3Q訪問「根底をなす行動」-柳井JA共済連理事長

2020年度の3Q訪問活動実施世帯数は589万6668世帯で前年度比101.1%とコロナ前を上回った。

柳井理事長は20年度の実績について「JAの総合事業による組合員、利用者との接点を大事にした常日頃からの取り組み」の成果だと強調した。

ただ、昨年は「想像もしなかった環境が年度スタートから発生」し、これまでのアプローチが一時はすべてできなくなるという混乱もあった。

そのなかで「厳しいときこそ助け合い、が使命。コロナ禍だから、と足を止めるような活動であってはならない。求める方がいればしっかりとサポートするのが事業理念」との思いで事業を展開してきたと話す。

とくに感染拡大で人と人との接触が控えられ、組合員に不安とともに、身の回りのリスクが改めて認識されるようになったときに、LAが積極的に「お変わりありませんか」と電話で声をかけた。それをきっかけに「もっと説明を受けたい」と対面の機会を組合員、利用者の側から求められ、訪問活動を展開することができたという。

柳井理事長は「コロナ禍という環境が改めてこの活動の必要性と、助け合いによる事業の根底をなす行動だと確認できた。先頭に立つLAはかけがえのない戦力。厳しい年だったが改めてわれわれの事業活動の意味合いと、自信につながった」と振り返った。

また、今年度からはオンラインで面談もできるシステムを一部で導入している。組合員は自分のPCやスマホなどでJAのLAと面談し説明を受けることができる。

こうした取り組みもコロナ禍で生まれたニーズに応えるものだが、柳井理事長は「オンラインに移行するということではまったくない。対面による接点の強化がわれわれの最大の力。非対面の要望とも組み合わせることで対面力の向上にさらにつなげたい」と述べた。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る