Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「デラウェア」品評会で佐竹祐宏さんが山形県知事賞 JA全農山形、山形県JA園芸振興協議会2021年8月4日

一覧へ

JA全農山形と山形県JA園芸振興協議会は7月27日、山形市の霞城セントラルで令和3年度山形県ブドウ「デラウェア」品評会を開いた。JA山形おきたまの佐竹祐宏さんが最優秀賞・山形県知事賞を2年連続で受賞した。

最優秀賞・山形県知事賞のデラウェア最優秀賞・山形県知事賞のデラウェア

品評会には県内主産地4JAから、2kg箱34点を出品。山形県農林水産部や農業総合研究センターなどの代表者ら9人が、粒揃いや着色など8項目を審査した。

審査委員長を務めた山形県農業総合研究センターの石黒亮園芸農業研究所長は、「日本一のデラウェア産地にふさわしく、どの出品物も素晴らしかった。特に最優秀賞は欠点がなく、美しく立派だった。改めて生産者の努力に敬意を表したい」と講評した。

受賞者は次のとおり(敬称略)

◎最優秀賞・山形県知事賞
佐竹祐宏(JA山形おきたま)

◎優秀賞一席・山形県園芸研究会全国協議会長賞
山川良弘(JA山形おきたま) ◎優秀賞二席・山形県園芸研究会全国協議会長賞
佐藤吉道(JAやまがた)

◎優秀賞三席・山形県園芸研究会全国協議会長賞
齋藤光春(JA山形おきたま)

◎優賞
二宮森一郎(JA山形おきたま)
冨樫裕一(JA山形おきたま)
小林茂則(JA山形おきたま)
菅野堅一(JA山形おきたま)
田代義明(JAさがえ西村山)

◎努力賞
工藤賢一(JAてんどう)

◎最高糖度賞
佐藤憲一さん(JA山形おきたま)23.7度

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る