FMC(SP)トップバナー
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

国産小麦の共同開発へ-JA全農・日清製粉・農研機構2021年9月30日

一覧へ

JA全農は9月29日、日清製粉、農研機構と共同で国産小麦の開発に取り組むと発表した。汎用性の高い国産小麦の開発をめざす。

JA全農は昨年11月、日清製粉グループと国内農畜産物の安定供給や商品原料の安定調達に関する業務提携を締結した。

今回はその取り組みを加速させるため、包括連携協定を締結している農研機構と3者で小麦の開発を進める。

具体的には▽広域普及が可能な日本麺用に適する国産軟質小麦の開発、▽カナダ産硬質小麦(1CW ウェスタン・レッド・スプリング)に匹敵する弾力や伸展性などを備えた国産硬質小麦の開発を想定している。

JA全農は「シーズを展開するプレイヤーのJA全農、シーズを評価するプレイヤーの日清製粉、シーズを提供するプレイヤーの農研機構が、それぞれに知見を活かした取り組みで開発期間の短縮を図り具体的な小麦開発アクションプランを作成し進めていく」としている。

JA全農は日清製粉グループとの業務提携でマーケットイン型の汎用性のある品種を実需と生産者の両サイドで連携して開発するなど、国産小麦の生産振興と取扱い拡大を図ることなどをめざしている。

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る