ヘッド:輸出米マッチングフェア2021SP
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

東京農大と包括連携協定 共同研究や研修で交流 JA全中2021年10月5日

一覧へ

JA全中と東京農業大学は10月4日、包括連携協定を結んだ。技術や経営ノウハウの共有や、学生の実習、営農指導員などの派遣などによって、農業の発展、農村の活性化をはかる。4日、都内で調印式を行った。

農大連携包括連携協定に調印した中家会長(右)と江口学長

「実学」を校是とする東京農大は、長野県のJA中野市など、いくつかのJAと包括連携協定を結び、共同で商品開発や人的交流を行っている。JA全中との包括連携協定は、これを全国規模に拡大することになり、調印式ではそれぞれ大きな期待を示した。

JA全中の中家徹会長は、JAグループの「国消国産」の取り組みを紹介し、「将来、食料不足のリスクが高まる。食料を自給すると言う考えを、若い世代に認識してほしい。東京農大の卒業生は全国に散らばり、農業・農村の活性化に活躍している。長期的視野で交流を深めたい」と期待を述べた。

また、東京農大の江口文陽学長は「全中との連携は、JAとの連携を全国に広げるきっかけになる。校是の『実学』の理念で、一人でも多くの学生が現場から学び、食卓から食を考え、生産者の思いを共有できる若者を送り出したい」と期待を示した。

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る