FMC(SP)トップバナー
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
JA全中中央SP

ファミリーマート贅沢おむすびシリーズから「ごちむすびとりめし」発売 JA全農2021年10月6日

一覧へ

JA全農とファミリーマートは10月5日、協業の一環として開発した「ごちむすびとりめし」を発売。全国のファミリーマート約1万6600店舗で販売する。

「ごちむすびとりめし」のイメージ「ごちむすびとりめし」のイメージ

JA全農ファミリーマートは、2月に資本提携にもとづく業務提携契約を締結し、JAグループが強みをもつ国産農畜産物の全国供給網を活かした地域色豊かな商品開発に取り組んでいる。協業により開発された「ごちむすびとりめし」(198円・税込)は、全農グループ会社の全農チキンフーズが原料を供給した「さつま若しゃも」と「はかた地鶏」を具材に使い、「ごちむすび」シリーズの月替わり目玉商品として販売する。「こちむすび」は、具材にこだわった贅沢おむすびシリーズで2020年10月に登場。累計8800万食を突破したファミリーマートの大ヒット商品となっている。

「さつま若しゃも」や「はかた地どり」のブランド地鶏のモモ肉とムネ肉を使った「ごちむすびとりめし」は、鶏ガラスープとチキンエキスを入れて炊き上げた、噛むほどに鶏の旨味を感じる"とりめし"。鶏肉の「さつま若しゃも」は、昭和46年に鹿児島の特産品として開発された、天然記念物「薩摩鶏」を父親に持つ地鶏で、うま味・弾力・舌触りとバランスのとれたおいしさが特徴。味は"まろやか"でやさしい味わい。また、「はかた地どり(はかた地鶏)」は、昭和62年に福岡の郷土料理をおいしく味わうための鶏肉として開発された地鶏。うまみ成分のイノシン酸を多く含み、噛むほどに増す旨みと、適度な歯ごたえのバランスで人気が高い。

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る