秋特集:国生国産PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:デラン
JA全中中央①PC
FMCプレバソンSP

目標達成へ決意固める JA共済連が22年度進発式2022年4月25日

一覧へ

JA共済連は4月22日、東京都千代田区のJA共済ビルで令和4(2022)年度全国普及推進協議会・進発式を開き、新年度に向けた事業推進の決意を固めた。各都道府県本部長や副本部長、普及担当部長ら約130人が会場とオンラインで出席。JA共済3カ年計画の初年度として、役職員が目標達成のため一致団結して取り組むことを確認した。

目標達成へ決意を固めた進発式目標達成へ決意を固めた進発式

青江伯夫・経営管理委員会会長は、コロナ禍や自然災害の多発で組合員の暮らしが大変ななかで、共済事業に取り組む職員に感謝の言葉を述べるとともに、「農業、農家そして地域を元気にするため、利用者・使用者に「寄り添い、安心を届け、つながっていくことを肝に銘じ、47都道府県すべて目標を達成するよう努めてほしい」と激励した。

進発式ではこの春、新しく本部長になった秋田県本部の齊藤祐、福岡県本部梅田豊和、佐賀県本部森一博、大分県本部藤田千浩の4氏、および県本部普及部長らが、それぞれ目標達成への決意を述べた。

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る