人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
日本曹達 231012 PC
FMCプレバソンSP

農産物直売所で手軽に使える「JAサイネージ」本格稼働2024年4月1日

一覧へ

アグベンチャーラボは3月29日、農産物直売所が手軽に使えるPRサービス「JAサイネージ」を正式リリースし利用受付を開始した。

スマホ3分で今日の採れたてを大画面で宣伝できるスマホ3分で今日の採れたてを大画面で宣伝できる

JAサイネージは、コンテンツの作成から配信までスマートフォンで作業が完結できるサービスで、スマホで撮影した採れたて農産物の写真や動画を大画面モニターへリアルタイムで配信できる。

「生産者の今日の採れたてを素早くアピールしたい」という直売所の声を受けて開発された。専用のシステムは不要でもモニターとインターネット環境があればすぐに利用できる。Android TV OSを搭載しているモニターであれば初期コストなしで利用できる。また、非搭載でも市販のキャストデバイス(クロームキャスト)を利用することでサービスを受けられる。

JA直売所などでサイネージシステムが導入されているが、「システムが難しい」、「特定のスタッフがいる時にしか操作できない」、「操作が難しいので仕方なく同じコンテンツを流している」などの問題点が指摘されていた。

こうした課題を解決するためアグベンチャーラボのアジャイル開発チームは複数のJAの協力のもとに昨春から開発をスタートし、試作品を直売所で利用してもらい20回以上の改善を重ねて今回の正式なリリースとなった。

直売所が利用しやすいテンプレートを多数用意しており農産物や生産者の写真とテンプレートを組み合わせることで3ステップ(撮影した写真を登録、JAサイネージにアップロード、モニターにダウンロード)で最短3分で配信できる。

特定の曜日や時間に決まったコンテンツを流すことができる予約配信の機能も搭載。また、AIでテロップを読み上げる音声機能も搭載している。
現在、1か月間の無料トライアルを実施中。トライアル終了後は、1ID(画面)当たり月額6980円(税別)で利用できる。

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る