人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
日本曹達 231012 PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

生命と財産守る活動 一歩ずつ前に JA共済優績組合表彰式 JA共済連2024年5月17日

一覧へ

JA共済連は5月16日、東京都内で令和5年度JA共済優績組合表彰式を開き、191JAがJA共済連経営管理委員会会長表彰を受けるとともに、35JAが普及活動特別賞を受賞した。

あいさつする青江会長あいさつする青江会長

青江伯夫経営管理委員会会長は「昨年は全国各地で地震や自然災害の多発、世界情勢の不安定化、国内経済力の低下など課題が山積した1年だったが、最後まで尽力をいただき感謝申し上げる」と関係者に謝意を表すとともに、「JA共済事業は歴史を重ね75周年がすぐそこに見えてきた。大きく変わる時代だからこそ、JA共済の原点である生命と財産を守り続ける活動、安心というお守りを届ける活動を重点に実践をしていこう」と呼びかけた。

来賓の山野徹JA全中会長は地震被害にあった能登半島を視察した際、「JA共済による損害調査が着実に行われていた。関係者の尽力に敬意を表する」と述べるともに「災害が起きるたびに共済の必要性が再認識される。自信と誇りを持って普及・推進を進めることを期待する」とあいさつした。

JA共済大賞を受賞したのは、JAさいたま、JAあいち知多、JA兵庫六甲の3JA。

JAさいたま・清水組合長、JAあいち知多・伊藤専務、JA兵庫六甲・石丸副組合長右から、JAさいたま・清水組合長、JAあいち知多・伊藤専務、JA兵庫六甲・石丸副組合長

表彰式後のインタビューでJAさいたまの清水節男組合長は「共済支払金を早く支払うには素早い査定が必要だが、基盤ができていないとできない。災害が多いなか、組合員・利用者のために地域や家庭を支えるための提案して理解をしてもらうことは基盤を強固にする。そのことによって査定も早くなる。職員の満足度も上がってきたが、これも組合員・利用者の理解であり、感謝したい」と述べた。

JAあいち知多の伊藤勝弥専務は「役職員が一丸となって組合員・利用者に寄り添いながら愚直に万全の保障の提案活動に取り組んだ。JAの職員はかかりつけ医のような存在になることが理想。何事も相談できる身近な職員をしっかり育成していきたい。共済事業は仲間づくり運動。今年度もしっかり取り組みたい」と話した。

JA兵庫六甲の石丸幸雄副組合長は「共済大賞の重みを感じる。役職員一丸となって取り組み、組合員に評価された結果だと思っている。『くらしの相談員』は組合員一人ひとりにどんな小さなことでも相談してもらい、解決していこうという考え。くらしの相談員が地域を回ることによってより一層身近なJAであり続けていきたい」と話した。

JA共済大賞以外の表彰種類別のJA数は、特別優績表彰13JA、長期基盤総合優績表彰18JA、新契約優績表彰175JA、普及活動優績表彰45JA、農業保障優績表彰41JA、連続受賞優績表彰19JA。

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る