JAの活動 シリーズ詳細

シリーズ:全国のJAのホームページから

2018.10.01 
若狭牛で鳥獣害対策 JA越前丹生一覧へ

 JA越前丹生はウェブサイトで、鳥獣害対策で若狭牛を放牧、その姿を8月に小学校の児童が写生した様子を紹介している。

 JA越前丹生が支援する「織田地区農業を振興する会」が鳥獣害対策で平等パイロット地区に嶺南牧場の若狭牛を放牧した。その丸々太った牛を越前町織田小学校1年生の児童19人が8月11日、画用紙いっぱいに写生したとJAの管内レポートは紹介している。
 絵はJA役員が審査をし表彰する。また、すべての絵を11月に行われる収穫感謝祭2018で展示する。

 詳しくは、
JA越前丹生ウェブサイト「鳥獣害対策の牛を小学生が写生」のページをご覧ください。

 JAcomでは各JAのホームページの紹介をしています。お問い合わせがございましたら電話またはメールにてご連絡ください。
TEL:03-3639-1121
メール:genko@jacom.or.jp

 

(関連記事)
【JA人事】JA越前丹生(福井県)新組合長に樋村昌宏氏(17.03.22)
40JA、70人を表彰 JAバンク全国大会(15.02.23)
【特別座談会】女性パワー発揮へ 能力生かしJAで輝く女性に  JA女性常勤役員意見交換会(14.04.09)
25年度農協内部監査士 824人が合格(14.03.11)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ