Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMC(SP)トップバナー
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JAの活動:農協時論

【農協時論】今こそ協同の力 JA愛知東元組合長 河合勝正2021年10月13日

一覧へ

「農協時論」は新たな社会と日本農業を切り拓いていくため「いま何を考えなければならいのか」を生産現場で働く方々や農協のトップの皆様に胸の内に滾る熱い想いをお書きいただいています。
今回はJA愛知東元組合長の河合勝正氏にご寄稿いただきました。

JA愛知東元組合長 河合勝正氏JA愛知東元組合長
河合勝正 氏

日本のJAも73年の年を数え、私は間もなく後期高齢者になろうとしています。昭和30年代には1万2000あったJA数も今や560余りと合併が進み、今なお大型化広域化が進められてきています。その取り組みは実に様々で地域の実情に即した協同組合らしい特長ある事業展開がなされており、その評価は、広く海外でも認められ地域組合員からも一定の評価をいただいていることは何よりであります。

ところで、日本の現状はと言えば、随分と豊かになったことは認めるものの、感染症問題や異常気象問題、社会保障制度問題など、現代社会の行き詰まり感や不安感が増していることも現実となっています。

身近な生活の中に置いても、こうした経済や私たちの暮らしそのものがますます何か巨大なものに支配され、その見えない力によって追い立てられているようにも感じています。

今は一見、自由で豊かな社会に見えますが、一方では、果てしなく続く競争社会のもとで、家族や地域の絆が弱まり、少なからぬ人々が苛立ちと不安を感じながら暮らしているそんな声も聞こえて参ります。

こうした状況が続くことによって、農村と言えども一人一人を孤立させ、他人と心を合わせ助け合って生きて行くという、人間生活本来の暖かさを奪うような姿は想像したくありません。幸い、私共JA管内においては、温もりのある社会環境が維持できていると自負しています。人間生活にとって、どこまで行っても他人との協同のつながりなしに、一人では生きられないものです。

あらゆる物を、お金で換算し、自然界の掟をよそに、自分だけ、今だけのような冷たい社会や、繰り返される競争の激化によって、一部の少数の勝ち組と多くの負け組を生み出した社会構造の是正は急務と考えます。

幸い新岸田政権が発足しました。彼の政策理念(新自由主義を否定し成長と分配のバランスと格差の是正など)の実現に期待をかけています。大きな闇の力に屈しないようJAグループとしても、強い働きかけと強力な支援が必要ではないでしょうか。冒頭申し上げたように、日本の総合JAはすばらしい組織だと確信しています。とは言え、私自身もそうですが、今の社会を単に批判しているだけでは何の解決にもなりません。協同組合の思想と運動は、近代産業社会の矛盾が現れてくるに連れ、それを克服しようとの願いから生まれたものです。

存在理由のなくなった組織は滅びると言います。

協同組合は、地域において社会的責任を果たしてこそ、初めて真の報いが得られるものと思います。JA組織は人の集まりでは有りますが、組織が大きくなると仕組みで働かそうとするので人のつながりが弱まるとも言われています。組織が大きくなるほど、人と人との結びつきや触れ合いを重視した様々な工夫が必要と感じています。

また情報化社会が急速に進む中、個人の多様性と生活観の変化のスピードは、予想を越えるものがあります。組合員の目線が多様性を主張し、新たな意味合いをもった方向性や地域性に適合する機能発揮が求められているとするならば、今こそ時代にあった新たな協同に目覚め、タイムリーに危機回避に取り組むべきと考えています。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る