Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JAの活動:農協時論

農業・農協の現場からの提言「農協時論」【企画にあたって】2021年7月2日

一覧へ

ニセアカシア

いま日本の農業は大きな曲がり角を向かえているといえます。それは、つねに「高度成長」を目指して、国際分業化と自由貿易によってグローバル化を進めてきた新自由主義の矛盾、脆弱さが顕著となり、日本の農業を弱体化させてきているからです。例えば、先進国で最低のカロリーベース食料自給率38%や、都市への一極集中による地方の疲弊、そのことによる農業生産者の高齢化と農業人口の減少などとして表れてきています。

そして、2020年からの世界的な新型コロナウィルス感染症の拡大は、そうしたことを白日の下に曝け出したともいえます。

このことは、新たに持続可能な人に優しい社会を実現するために、協同組合が大きな力を発揮する絶好な機会ではないかと、私たちは考えました。とくに国民の命と健康を守る食料を生産する農業者の組織である農協こそが、その先頭に立たなければいけないときだと言えます。

「農協自論」は、新たな社会、これからの日本農業を切り拓いていくために、いま何を考えなければならいのかなどについて、生産現場で働く方々や農協のトップの皆様の胸の内に滾る熱い想いをお書きいただくことで、全国の農協の仲間たちが、これからのあり方を考える一助にしたいと考え企画しました。


JAグループの新たな扉の向こう側 普天間朝重 JAおきなわ代表理事理事長

視界不良 農山漁村を疎かにして「地方創生」できる筈ない 十勝の農家・歌人 時田則雄

いまこそ、問う!経営の進化とは 下小野田寛・JA鹿児島きもつき代表理事組合長

小さな協同こそ 地域社会の礎に 飯野芳彦・元JA全青協会長

コロナでの気付きとJAグループの方向性 農を通じた持続可能な環境づくりをめざして 八木岡 努・茨城県農業協同組合中央会会長

農業者の使命  協同精神最後の体現者として次代へ価値を 黒田栄継 元JA全青協会長

共同と協同組合の原点 菅野孝志 JA全中副会長(JA福島五連会長)

心のよりどころ 時田則雄 北海道・十勝の生産者

「安上がり」政策の高いツケ 村上光雄 (一社)農協協会会長

生活困窮者への支援 『今こそ協同助け合いのとき』を緊急発動 宮永均 JAはだの代表理事組合長

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る