人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
ヘッダー:FMC221007SP
JA全中中央①PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

JAの活動:JA新組合長に聞く

【'24新組合長に聞く】JAなすの(栃木県)渡邉一夫組合長 組合員と心を一つに(5/29就任)2024年6月20日

一覧へ

役員の改選期を迎え、全国のJAで新しい組合長が誕生している。折しも「基本法」(食料・農業・農村基本法)が25年ぶりに改正となり、これからの農業の方向が示されたが、具体的な施策はこれから。一方でJAグループは、今年10月の第30回JA全国大会を控え、いま組織協議が進んでいる。この重要な転換期に農業・JAについてどのようなビジョンをもってJAの運営に臨むか。栃木県JAなすのの渡邉一夫組合長に聞いた。

JAなすの渡邉組合長.jpgJAなすの・渡邉一夫組合長

JAの運営については、組合員のところに「出向く」活動に力を入れたいと思います。対話のための「場づくり」です。特に役員の訪問は「JAを身近に感じる」と組合員に喜ばれます。

JA管内は関東平野の北部、北に那須高原を控えた広大な耕地を有し、耕種と園芸、畜産のバランスのとれた農業が行われています。地域の農業総生産額は900億円、うちJAの取扱高は200億円近くあり、全国でもベスト10に入る農業地帯です。それでも最近のコスト高の影響は大きく、特に畜産に深刻な打撃を与えています。

JAでは農家所得の向上のため、園芸で「BB9」(ビューティフルブランド・ナイン)と銘打ち、1品目10億円を目指し、アスパラガス、ネギなど9品目の生産拡大に取り組んでいます。JAなすのにはおいしい野菜生産に必要な堆肥は十分あります。この強みを生かし、大規模でなくてもできる経営を確立し、産地づくりにさらに挑戦します。

改正食料・農業・農村基本法制定や食料安保など、いま農業は重要な転換期にあります。子どもたちが後継者として進んで農業をやれるような、我々が本当に望む農業・JAを実現するためのラストチャンスだと思います。組合員と心を一つにして臨みたい。

重要な記事

日本曹達_ナブ乳剤_SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る