農政 クローズアップ詳細

2019.09.17 
【クローズアップ・新疆ウイグルのトマト】加工資本支配のトマト産地 世界最大の中国・新疆ウイグル一覧へ

 中国の新疆ウイグル自治区は今日、加工用トマトで世界最大級の生産地になっている。現地で濃縮加工されたトマトは世界中に輸出され、特にヨーロッパではイタリア産、欧州産のトマトケチャップやトマトソース、トマトジュースとして再輸出されている。新疆ウイグル自治区のトマト畑を訪れ、農家の話を聞き、現地の一端を垣垣間見た。

新疆ウイグルのトマト

世界最大の新疆ウイグル自治区のトマト

 新疆ウイグル自治区の首府ウルムチの北西に隣接する昌吉町の郊外。1区画50haほどのトマト畑が広がる。2月に播種、4月に定植した加工用トマトが、いま収穫期を迎え、近くにある、中国最大の食品会社・中糧集団有限公司(COFCO)の加工工場に向かう道路は、トマトを満載した30~40t積みの大型トラックが頻繁に走っている。
 訪れた生産者の王登玉さん(56)は、二人で約1300ムー(1ムーは約67a。約87ha)でトマトを栽培する。国から配分される6人の持ち分42ムー(1人7ムー)を除いて、すべて村の人からの借地。王さんは昨年までの綿花栽培から今年、機械収穫できる加工トマトに切り替えた。

「この数年、契約価格は同じ」と言う王さん(左)

「この数年、契約価格は同じ」と言う王さん(左)

 トマトの種子から肥料、潅水用のパイプ、マルチ用のビニールまで加工場が手配する。収量は1ムーで8t前後。収穫したトマトは1kg4~5角(1角=0.1元)で工場が買い取る。1kg5角として10kg5元、1t500元。1300ムーで1万400tの収量があり、販売契約価格(販売額)は520万元(約8800万円)になる。これから生産費等を差し引いた実質の手取りは1ムー当たり800元ほど。1300ムーで100万元(約1700万円)と推察される。
 中国のトマト加工企業は100社余り。その8割が新疆ウイグル自治区に集中している。この数年、買い取り価格は固定しており、王さんによると、生産者には加工業者との契約価格を交渉する場もないとのこと。経済成長著しい中で、大手加工企業の支配のもと、トマト生産者は安い買取り価格で生産を余儀なくされている状況がうかがえる。

clos1909171403.jpg

加工工場に運ぶトマトを満載したトラック

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ