Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

【TPP】あくまでも交渉参加反対、復興最優先2013年3月9日

一覧へ

 JA全中の萬歳章会長は3月8日、通常総会終了後に記者会見を行い、総会でTPP交渉参加に断固反対するとの特別決議を満場一致で採択したことや、JAグループは復興が最優先との考えで被災地支援の取り組みを継続していく考えなどを改めて強調した。

通常総会終了後に記者会見する萬歳会長 萬歳会長は日米首脳会議の共同声明について「TPPの特徴である聖域なき関税撤廃を前提にしたものとしか理解できない」とJAグループの考えを訴えた。
 また「農業だけの問題ではない。食の安全・安心、医療など私たちの暮らしに大きな影響を及ぼすことになりかねないことが果たして国民の間に広く伝わっているか。生活や国のかたちを変容させる重大な問題であるにも関わらず、現時点では徹底した情報開示に基づく、十分な国民的な議論が喚起されていない」として「拙速に交渉参加しようという動きに対しJAグループはあくまでも反対」と強調した。
 また、東日本大震災から2年を迎えるが「懸命な努力にも関わらず必ずしも被災地の復興は十分に進んでいない。JAグループでも復興作業など被災地支援を全力で進めているものの、今年度に営農を再開できるのは4割程度、まったく手がついていないところもある」とし「私は大地が復興しなければ人は復興しないと考えている。復興最優先という考えのもと、JAグループの復興対策はスピード感を持ちつつ息の長い取り組みとして着実に継続していこうと確認した」などと話した。


(関連記事)
TPP「引き続き総力挙げて反対」 JA全中通常総会での会長所信 (2013.03.08)

【TPP】JAグループが緊急全国集会を開催 12日、日比谷野音 (2013.03.06)

3月31日まで「日本の畜産・酪農」応援キャンペーン  JA全中 (2013.03.05)

TPP交渉参加にはあくまで反対 JA全中会長が首相、農相に申し入れ (2013.03.01)

震災復興とTPP阻止実現を特別決議 第58回通常総会  JA全中 (2012.03.12)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る