農政 ニュース詳細

2013.05.23 
TPPがよくわかる、パンフ・チラシ作成 JA全中一覧へ

 JA全中は、JAがTPPについて勉強会を開くための資料として、問題点などをまとめたパンフレットとチラシを作成した。

 パンフレットは8ページ。TPPが日本がこれまで結んでてきた自由貿易協定とは異質な協定であることを紹介し、食・農・医療・ISDの4分野の問題をピックアップして詳しく解説している。
 「農」では、TPPによって食料自給率が27%に低下すること、多面的機能の損失額が1.6兆円にもなることを紹介。また、国内で食料を増産することが世界の飢餓問題に対する貢献にもなると提言している。
 そのほか、「食」では食の安全を担保するためのさまざまな規制・基準の緩和の可能性があること、「医療」では世界でもとび抜けて高い米国の医療費を実例をもとに自由診療の拡大がもたらす危険性を解説。「ISD」では、過去にカナダ、アルゼンチン、ドイツなど諸外国でISD条項によって国が訴えられた実例が紹介されている。
 チラシは2ページ。これら4分野について簡潔に解説するとともに、各紙世論調査でTPP参加表明への支持が多い一方で、その中身についてはほとんど知られていないという結果をうけて、「ナカミがわからないのにどう評価するの?」と、TPPについて詳しく知ってほしいと呼びかけている。
 ともに10部1セットでチラシ50円、パンフレット110円。JA全中あっせん品システムで注文を受け付けている。

「今こそ考えよう 日本の食と暮らし・いのちの大きく関わるTPPのこと」パンフレット「TPPのホントのトコロ」チラシ  

(イラストは(左から)「今こそ考えよう 日本の食と暮らし・いのちの大きく関わるTPPのこと」パンフレット、「TPPのホントのトコロ」チラシ)


(関連記事)

【TPP】米国農業団体とJA全中が共同声明(2013.05.17)

事前協議内容、国会で質問を 大学教員の会 (2013.05.14)

「例外は認められない」カトラーUSTR代表補 (2013.05.13)

【コラム・正義派の農政論】TPPで軽自動車が消える(2013.05.07)

【日米外交とTPP問題】田代洋一・大妻女子大学教授  「聖域」は本当に守れるのか? 日米協議合意の問題点(2013.04.27)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ