左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドPS:バスタ液剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

自治体・JAの農業支援を考える 8月に研究会2013年5月29日

一覧へ

 一般社団法人農業開発研修センターは8月8、9日の両日、京都JA会館で平成25年度(通算第26回)「自治体・JAの地域農業支援に関する研究会」を開催する。現在、参加者を募集している。

 政府は平成24年から「人・農地プラン」(地域農業マスタープラン)の策定を呼びかけており、JAグループでも第26回JA全国大会で「地域営農ビジョン」づくりをすすめることを決議した。今研究会では、こうした現状を踏まえて、自治体とJAが連携して取り組むべき課題について、2日間にわたって検討する。
 初日は、毎日新聞社の前経済部編集委員川口雅浩氏がTPPの最新状況などについて報告するほか、JA長野県グループが「JA農業振興ビジョン」の取り組みを紹介する。
 2日目には、「地域農業ビジョンをどう具体化するか」というテーマのもと、東広島市、JA前橋市、JAおうみ冨士などが集落営農組織や地域の営農振興の実践について報告する。
 8月8日、9日の2日間で、場所は京都JA会館5階501会議室(京都市南区)。参加対象は、JA・連合会の役職員、市町村・都道府県の農林担当や改良普及員、そのほか農業委員など農業関連団体の役職員など。定員は100人。参加費は研究会会員3万円、非会員4万円(ともに税込み)。東日本大震災の被災地である東北3県からの参加者は割引となる。
 申し込み・問い合わせは農業開発研修センター(TEL:075-681-4297)まで。

 プログラムは次の通り(敬称略)。

○第1日目(8月8日(木))
▽13:00 開会
▽13:10 オリエンテーション
▽13:20 報告1「TPP、現局面をどう見るか」川口雅浩・毎日新聞社前経済部編集委員
▽14:40 報告2「『JA農業振興ビジョン』の再構築と実践」高松春洋・JA長野県営農センター次長兼営農企画グループ長▽15:50 報告3「地域農業支援のあり方をこう考えるー自治体・JAの役割ー」谷口信和・東京大学名誉教授、東京農業大学農学部教授
▽17:30 懇談会

○第2日目(8月9日(金))
シンポジウム「地域農業ビジョンをどう具体化するか」
▽9:00 座長解題 桂明宏・京都府立大学大学院生命環境科学研究科准教授
▽9:10 実践報告1「『人・農地プラン』で“集落農業”の再点検」世羅卓哉・広島県東広島市産業部農林水産課主査
▽10:10 実践報告2「集落営農塾による集落営農の強化」小暮則行・JA前橋市(群馬県)営農部部長
▽11:10 実践報告3「JA出資型法人による地域農業支援」木村義典・(株)アグリサポートおうみ冨士(滋賀県)代表取締役社長▽13:00 討論
▽14:40 報告4「『2014年新農政』はどう展開するか」小池恒男・滋賀県立大学名誉教授
▽15:50 閉会

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る