左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

米農務省、需給報告公表見通し立たず2013年10月2日

一覧へ

連邦政府一部閉鎖で

 米国の暫定予算が成立せず10月1日から連邦政府の業務が一部停止していることにともなって、米国農務省(USDA)のホームページも一部利用できない状態になっている。

 農水省は毎月10日過ぎに米国農務省が発表する世界と米国の穀物・大豆の需給見通し公表を受けて、同省として発表資料をまとめて公表している。
 食料安全保障課によると10月は11日公表の予定だったが、米農務省は10月1日から新たな統計情報の公表はしないと通知してきたという。このため今月の需給見通し報告の公表が遅れることは必至でいつ公表されるかも不明になっている。
 米国農務省のホームページのトップページでは、現在は利用できないと告知している。個別サイトのIPアドレスでアクセスすれば過去の情報は閲覧はできる。しかし、新たな情報更新はされないという。

nous1310021301.jpg

(閉鎖された米国農務省のホームページ)

最新の記事

ヤンマーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る