左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

台風26号、厳重警戒を 日本気象協会2013年10月15日

一覧へ

 一般社団法人日本気象協会は10月15日午前台風26号に関する情報を発表した。

 大型の台風26号は日本の南の海上から強い勢力を保って日本列島に接近している。明日16日未明には、本州に影響を与えた台風としては今年最強の勢力を保ったまま紀伊半島から東海に接近、朝には関東にかなり接近、あるいは上陸する見込みだ。その後、夜にかけて三陸沖から北海道の南海上へと進む見込み。
 台風接近に伴い太平洋側を中心とした広い地域で激しい雨になりそうだ。本日15日夜から大雨となるところもあり、日本気象協会では土砂災害や河川のはんらん、家屋への浸水などが発生する危険もあるとして早めの避難を呼びかけている。
 強風に対しても広い地域で注意が必要で、東海、関東、東北の太平洋側は暴風域に入る恐れもあり「立っていられないほどの激しい暴風雨」となる見込みだという。
 首都圏では「ここ10年から20年で最強クラスの台風」となる恐れがあるという。竜巻や突風が発生することもあるため、不要不急の外出は控えるようにと呼びかけている。また、太平洋側は大シケとなる恐れがあり、台風が遠ざかる17日昼ごろまでは絶対に海岸付近に近づかないように強調している。

最新の記事

ヤンマーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る