農政 ニュース詳細

2013.10.31 
野外活動のリスクマネジメントで研修会一覧へ

 子ども農山漁村交流プロジェクト研究会(事務局:全国農協観光協会)は12月から2月にかけて、全国6カ所で、児童・生徒らの野外活動や自然体験活動などに関するリスクマネジメント研修会を開催する。

 研修会では、野外活動に精通した弁護士、リスクマネジメントの専門家などを講師に、事前対策や安全への意識改革、専門的・実践的な知識の習得、安全管理マニュアルの作り方などを学ぶ。対象者は農山漁村体験・自然体験活動をおこなう組織、教育関係者、体験の指導者、PTAなど。
 東京(2回)、熊本、京都、岡山、仙台の5都市では体験活動に関するリスクの洗い出しと基本的な知識などを身につける基本編を、東京、大阪の2都市ではマニュアル作成などをめざす上級編を開催する。
 基本編は1日開催で、時間は10時〜17時30分。受講料1万円。定員30〜40人(会場によって異なる)。
 上級編は2日間開催で、時間は初日13時から2日目15時まで。受講料2万5000円。定員30人。
 問い合わせは子ども農山漁村交流プロジェクト研究会(TEL:03-5297-0323)まで。

 各開催日、会場は次の通り。

【基本編】
○12月6日 東京・国立オリンピック記念青少年総合センター
○12月8日 熊本・熊本市民会館
○12月14日 京都・京都府中小企業会館
○12月15日 岡山・岡山県総合福祉会館
○12月20日 仙台・JAビル宮城
○1月10日 東京・国立オリンピック記念青少年総合センター

【上級編】
○1月24、25日 東京・アジア文化会館
○2月15、16日 大阪・大阪府社会福祉会館

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ