Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

6次産業化・地産地消計画 新たに194件認定2013年11月6日

一覧へ

 農水省は10月31日、六次産業化・地産地消法(※)に基づいて申請された事業計画914件を新たに認定したと発表した。

 新たに認定を受けた194件は、すべて農林漁業者が農林水産物などの生産・加工・販売を行う「総合化事業計画」だった。今回は、民間企業がそうした総合化事業の研究や、その成果を利用する「研究開発・成果利用事業計画」の認定はなかった。
 194件を品目別で見ると、農畜産物が170件、水産物が15件、林産物が9件だった。内訳は野菜が35.2%で最多。次いで果樹18.8%、畜産物10.5%、米7.4%と続く。
 県別では、北海道が1位で13件、次いで愛知12件、兵庫と熊本が11件、宮城が10件となっている。事業内容では、加工・直売が72%と大半を占め、次いで加工のみが14%、加工・直売・レストランが9%だった。
 今回の認定で、累計の認定件数は1708件となった。県別で最多は北海道の99。次いで兵庫73、長野70、熊本66となっている。

【※ 六次産業化・地産地消法】
 正式名称は、「地域資源を活用した農林漁業者等による新事業の創出等及び地域の農林水産物の利用促進に関する法律(六次産業化・地産地消法)」(平成22年法律第67号)。


(関連記事)

全国で「6次産業化推進キャラバン」 農水省(2013.10.09)

「地域6次産業化」を 課題は販路拡大と人材育成(2013.08.01)

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る