左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

台風の農業被害23億円 昨年の26号、27号2014年1月16日

一覧へ

 昨年10月に西日本から北日本に農業被害をもたらした台風26号、27号の被害応急調査結果を1月14日、農林水産省が公表した。

 この台風により、おもに野菜で冠水、果樹で落果などの被害が発生した。被害面積は1万8700ha。被害見込み金額は23億円となった。
 作物別では野菜が7億9400万円(被害総額の35%)ともっとも大きく、果樹が6億7100万円(同29%)、工芸農作物が2億9800万円(同13%)だった。
 都道府県別では千葉県がもっとも大きく5億7700万円(同25%)で、次いで茨城県が3億5900万円(同16%)、岩手県が3億5700万円(同16%)となった。
 台風26号は昨年10月16日明け方に関東地方沿岸に接近した後、関東の東海上を北上し三陸沖で温帯低気圧となった。これによって西日本から北日本にかけての広い範囲で暴風、大雨となった。
 台風27号は、10月26日昼前に伊豆諸島南部に最接近したのち、関東の東で温帯低気圧となった。この台風接近と停滞前線の影響で西日本から東日本にかけての広い範囲で暴風、大雨となった。

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る