左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドPS:バスタ液剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

異業種交流ねらいセミナー 農林中金大阪支店2014年1月30日

一覧へ

 農林中央金庫大阪支店は1月23日、大阪市内で「第5回アグリ・エコ ビジネスセミナー」を開催した。

多彩な業種から多くの参加者があった。 このセミナーは異業種交流の契機となる場を提供し、農林水・商工連携の実践に繋げることが狙いで、毎年開催している。今回は近畿地区2府4県の信農連、JA、JF、森連、農業法人、一般事業法人など計110人が参加した。
 同金庫の飯田英章専務理事は「農林漁業と食と地域のくらしにこれまで以上に貢献できるよう最大限努力していきたい」とあいさつした。
 講演会では、経営コンサルタントで都築経営研究所代表取締役の都築冨士男氏が「農商工連携(6次産業化)で危機をチャンスに」をテーマに行った。業種を超えた「連携力」が付加価値を増加させることを明らかにした上で、実例を基に、農商工連携を成功させる秘訣などについて解説。参加者からは「経営的な発想を踏まえ、6次産業化を解説していただけた。アグリビジネスを展開するポイントを学ぶことができた」などの声が聞かれた。
 セミナー後には、懇親会が開かれ、参加者間の活発な意見交換が行われた。

(写真)
多彩な業種から多くの参加者があった。


(関連記事)

JA貯金、伸び率1.9% 農林中央金庫(14.01.28)

北陸で商品企画力高めるセミナー 農林中金 (14.01.23)

仙台で復興支援のセミナー 農林中央金庫 (14.01.23)

東京で四国4県が商談会 JAバンク (14.01.22)

農業経営生き残るため 食のニーズに対応を (14.01.22)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る