左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

山地災害防止キャンペーンを実施 林野庁2014年5月19日

一覧へ

 林野庁は、都道府県・市町村と協力し、「山地災害に備える」を合言葉に、全国のそれぞれの地域で、関係機関や地域住民の協力をえながら、危険箇所の周知や山地防災パトロールの実施など、山地災害による被害を未然に防止するため、5月20日から6月30日まで「山地災害防止キャンペーン」を実施する。

山地災害防止キャンペーンポスター このキャンペーンは、近年の山地崩壊・土石流・地すべりなど山地災害が多発し、人命・財産に甚大な被害をもたらしていることから、毎年、本格的な梅雨期を前に、地域住民の防災意識の高揚に資すことを目的に実施されているもの。
 今年のキャンペーンの標語は、「伝えたい 土砂の怖さと 治山の役目」。
 キャンペーン期間中には、▽ポスターの掲示、パンフレットの配布などによる広報活動、▽山地災害の発生のおそれのある箇所などの山地防災情報の周知活動、▽産地防災パトロールなどの実施、▽保安林制度の周知、保安林における巡視など、保安林の適切な管理の推進などを実施する。
 詳しくは、林野庁ホームページで。


(関連記事)

農中森力(もりぢから)基金を設立(2014.05.13)

認定森林林業プランナー174人を認定(2014.04.01)

独では協同組合が主役 再生可能エネルギーシンポ(2014.03.26)

みどりの学術賞 井手久登教授など2人が受賞(2014.03.17)

7機能に分けて森林整備・保全 全国森林計画(2013.10.16)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る