左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドPS:バスタ液剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

六次産業化・地産地消法に基づく事業計画103件を認定 農水省2015年3月5日

一覧へ

 農水省は2月27日、「六次産業化・地産地消法」(地域資源を活用した農林漁業者等による新事業の創出等及び地域の農林水産物の利用促進に関する法律」に基づき、103件の事業計画を認定した。

 今回認定された103件は、いずれも「総合化事業計画」で、研究開発・青果利用事業計画の認定はなかった。
 これで総合化事業計画の累計認定件数は2056件、研究・開発事業計画の累計は26件となっている。
 今回、総合化事業計画に認定された事業の内訳は、農畜産物関係が85件、林産物関係が3件、水産物関係が15件となっている。また、都道府県別にみるともっとも多かったのが長崎県で8件、次いで北海道と兵庫県が7件、宮崎県が6件、宮城県と滋賀県が5件となっている。
 事業計画の一覧はコチラから


(関連記事)

JAグループ国産農畜産物商談会開催 1100アイテム以上出品(2015.03.04)

被災地福島へ初の6次化ファンド 農林中金等(2015.03.03)

安全な農作業実現に向け「農作業事故防止中央推進会議」開催<日本農業機械化協会>(2015.02.26)

JA常陸「米発酵アイス」が大賞 6次産業化(2015.02.17)

農協改革の骨子 公認会計士監査義務づけ(2015.02.10)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る