農政 ニュース詳細

2015.07.16 
台風6号の被害見込金額は、29億2000万円 農林水産省 一覧へ

 農林水産省は7月14日に、平成26年12月以降の降雪等による被害面積は1380ha、被害見込金額は13億4000万円。台風6号による被害面積は1万4200ha、被害見込金額は29億2000万円と公表した。

 農林水産省は、27年1月から6月までに発生した農作物被害について、被害見込金額総額10億円以上の調査結果を発表した。

○26年12月以降の降雪等による被害
 主な被害発生地域は、愛媛県、秋田県、山形県などで、被害量は、切り花類等で1万7000本、鉢物類で3000鉢、それ以外は7740tとなっている。
 作物別の被害見込金額は、みかん等の果樹が13億3000万円(被害総額の99%)。次いでなばな等の野菜が1100万円(同1%)、デルフィニウム等のその他農作物が200万円(同0%)となった。
 都道府県別の被害見込金額では、愛媛県が12億円(被害総額の90%)。次いで秋田県が1億1800万円(同9%)、山形県が900万円(同1%)となった。

○台風6号(5月11日~13日)によるおもな被害
 被害発生地域は、沖縄県、鹿児島県、大分県などで、被害量は切り花類等が28万6000本、切り葉は2万6000枚、その他は1万4700tとなっている。
 作物別の被害見込金額は、葉たばこ等の工芸農作物が28億2000万円(被害総額の97%)。次いで、にがうり等の野菜が7200万円(同2%)、グラジオラス等のその他農作物が1500万円(同1%)となった。
 都道府県別の被害見込金額は、沖縄県が28億円(被害総額の96%)。次いで鹿児島県が1億500万円(同4%)、大分県が200万円(同0%)となった。

(関連記事)

天候不順による農作物被害防止・技術指導の徹底 農水省 (15.07.15)

台風6号の影響で病害が発生しやすい 病害虫発生予報第2号 (15.05.20)

台風18、19号の被害額35億円 (15.02.16)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ