左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「都市農業振興基本法がめざすもの」で講演会2015年10月13日

一覧へ

 (一財)都市農地活用支援センターは、11月4日、東京ウィメンズプラザ・ホールで定期講演会2015「都市農業振興基本法がめざすもの」を開く。

 同講演会は、都市の貴重な資源である農地の役割などについて考えるきっかけにしてもらうため毎年行っているもの。
 今回は今年4月16日に成立した「都市農業振興基本法」を軸に都市環境の形成のあり方などについて考えていく。
 開催日時は11月4日13時30分から16時30分まで。参加費は無料。定員は200人で申し込み先着順となっている。
 申込は同法人へメールまたはファックスで氏名、住所、所属、メールアドレス、電話、ファックス番号について送る。
◎講演内容:「韓国の先行例と比較して見た都市農業基本法」兵庫県立大学大学院緑環境景観マネジメント研究科 平田富士男教授
「公的機関における事業用定期借地権の活用状況について」定期借地権推進協議会運営委員長 大木祐悟氏
<問い合わせ先>
(一財)都市農地活用支援センター 電話:03-5823-4830 ファックス:03-5823-4831

最新の記事

コルテバアグリサイエンスSP

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る