左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

埼玉・川越ベジフル破産 東京地裁に特別清算申請2016年7月12日

一覧へ

 埼玉県川越市の川越総合地方卸売市場の青果荷受会社・川越ベジフルが7月6日、東京地裁に特別清算を申請した。負債総額は16億円。全国的に市場取引が減少する中、地方の中小の荷受会社の多くが経営悪化に苦しんでいる。

 川越ベジフル(株)は川越、飯能、坂戸、入間各市場の統合を経て、平成6年から本格稼働。13年に東京新宿青果(株)と業務提携したうえ、各県経済連との直接取引も行っていた。さらに16年には同社の傘下になり、20年3月期には売上高62億7758万円をあげていた。
 しかし、それ以降は集荷、販売ともに不振が続き、27年3月期には売上高が43億7955億円まで落ち込んだ。債務超過が慢性化するなか、28年3月末までに営業を停止し、東京新宿青果の関連会社が荷受業務を行っていた。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る