左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

エコファーマー認定15万4000件-農水省2016年7月15日

一覧へ

 農林水産省は7月14日、3月末現在のエコファーマー認定状況を公表した。1年前にくらべて約1万件減少した。

 エコファーマーとは持続農業法(持続性の高い農業生産方式の導入の促進に関する法律、平成11年制定)に基づき認定された農業者。たい肥などによる土づくりと化学合成肥料・化学合成農薬の使用低減のための3技術すべてに取り組む計画を都道府県知事に提出して認定を受ける。
 3月末現在のエコファーマーの認定件数は15万4699件で、27年3月末にくらべて1万1704件減少した。認定件数が減少した背景としては、27年度中に5年間の計画期間が終了した農業者が高齢化などを理由に再認定申請を行わなかったことが考えられるという。
 新規認定件数は5580件となっている。このうち水稲が2615でもっとも多く果樹、果菜類の順となっている。この1年間に計画を提出し再認定されたのは2万2924件だった。

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る