Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

5000億円の市場創出へ バイオマス活用基本計画2600万tへ2016年9月20日

一覧へ

 バイオマス活用推進基本計画が9月16日閣議決定された。地域にあるバイオマスを活用して、地域が主体となった持続可能な事業を創出し、その経済的価値を農林漁業の活性化につなげることを重点に据えている。

 この基本計画は、バイオマス活用基本法(平成21年)に基づいたもので、少なくとも5年ごとに見直しを行う。22年策定の前回の基本計画について、昨年9月から見直しを進めていた。
 計画では国が達成すべき目標として、地球温暖化防止のため、(1)炭素換算で年間2600万tのバイオマスを利用する、(2)全都道府県および600市町村でバイオマス活用推進計画を策定する、(3)バイオマスの活用を推進することによって約5000億円規模の市場を創出する、としている。
 そのための施策として、バイオマスのより高度利用や多段階利用などの地域が主体となった取り組みを後押しするとともに、熱源としての積極的利用を進める。また成功事例のノウハウなどを幅広く共有して取り組みの横展開をはかるとしている。
 また技術面では、バイオマスの混合利用、下水汚泥由来の水素ガスの製造方法の確立、発電等に伴う余剰熱やバイオガス製造過程で生じる消化液などの副産物の活用、さらに微細藻類による次世
代バイオ燃料の研究開発を挙げている。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る