農政 ニュース詳細

2016.09.21 
北海道・岩手 台風被害の要請一覧へ

 北海道と岩手県は9月21日、東京・永田町の自民党本部で平成28年台風による被害に関する意見交換会の中で「台風等災害に関する要請書」を、自民党の二階俊博幹事長と茂木敏充政務調査会長・平成28年台風による災害対策本部長に手渡した。JA北海道中央会やJA岩手中央会、同道県の各団体も出席した。

要請を行う高橋北海道知事(右)と要請書を受け取った二階幹事長(中央)茂木対策部長要請を行った千葉岩手副知事(左)と要請書を受け取った二階幹事長と茂木対策部長。

 高橋はるみ北海道知事、千葉茂樹岩手副知事のほか、JA北海道中央会の飛田稔章会長やJA岩手中央会畠山房郎常務理事らが出席。復旧復興への対策を要請した。
 二階幹事長は16日に政府が8月の台風被害を激甚災害にしていたことに触れ、「自民党は役に立つ政党として、災害に対して全力をあげて対応していきたい」と話した。
 茂木対策本部長は「災害対応はスピードが何より重要だ」とし、これから季節が秋や冬に移ることを踏まえ、「東京とは違った季節感、そしてそのなかでのいろいろな課題もでてくると思っている」と危機感を強めていた。
 JA北海道中央会からは1.災害復旧事業の促進、2.被災農家等への支援、3.災害に強い農山漁村づくりに向けた基盤整備を要請。特に「当面する営農・生活への支援や次年度の営農再開に必要な支援対策」として(1)災害復旧事業の促進、(2)被災農家などへの支援、(3)農業共済制度、(4)被災に伴う経済損失への補てん対策、(5)農産対策、(6)酪農・畜産対策をあげた。
(写真)要請を行う高橋北海道知事(右)と要請書を受け取った二階幹事長(中央)茂木対策部長。要請を行った千葉岩手副知事(左)と要請書を受け取った二階幹事長と茂木対策部長。

(関連記事)
台風7・11・9・10号 激甚災害に指定 農水省 (16.09.20)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ