農政 ニュース詳細

2016.10.26 
SBS輸入米再調査 TPP審議に不可欠-民進党のチームが会合一覧へ

 民進党は10月25日、米価格偽装解明チーム(福島伸享座長)の会合を開き24日に引き続き農水省から聴取した。

10日25日に国会内で開いた会合。右側が農水省担当者 会合は日本農業新聞のSBS(売買同時入札)輸入米を扱う商社が「国産より安いから扱っている」などと回答した調査結果の報道を受けて開いた。
 農水省が10日7日に公表した輸入米に関する調査では、国産米の価格への影響は確認できなかったと結論づけたことについて、会合では業者に対して販売価格を調査したのか問いただした。しかし、農水省担当者は調整金などSBS輸入米取引にあたって金銭のやり取りがあったかどうかが調査の目的だったなどと繰り返した。また、市場に売るのは買い受け業者なので「輸入業者には聞いていない」とも話した。
 会合に参加した議員からは説明に「調整金が影響を与えたかどうかではなく実際に輸入米が安いかどうかを調査すべき」、「現場の生産者は調整金に不信感を高めているのではなく、大臣答弁に不信感を高めている」など指摘が出た。
 衆院TPP特別委員会の筆頭理事である篠原孝議員は「影響がないというための調査。結論ありきでやっている。筆頭理事として再調査を求める」と話し、福島座長も「再調査は不可欠。納得できる回答が得られるまで審議打ち切りなど許されない」と強調し、今後も国会で追及していく姿勢を示した。
(写真)10日25日に国会内で開いた会合。左側が農水省担当者

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ