Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

TPPでシンポジウム-11月12日 明大社会科学研究所2016年10月27日

一覧へ

 明治大学社会科学研究所は11月12日に第30回シンポジウム「食料・農業のTPP戦略:日米韓の対応」を開催する。

 時間は13時から。場所は明治大学駿河台キャンパス グローバルフロント1階グローバルホール。内容は以下のとおり。
【第1部】基調報告(13時~13時30分)
「食料・農業とTPP戦略」作山巧・明治大学農学部准教授
【第2部】個別報告(13時30分~14時45分)
「食料・農業と米国の戦略」山田優・明治大学農学部兼任講師、「食料・農業と韓国の戦略」金ゼンマ・明治大学国際日本学部専任講師、「北海道農業の対応」東山寛・北海道大学大学院農学研究院准教授
【第3部】パネルディスカッション(15時~16時20分)
「日本における食と農の展望を考える」パネリスト:作山巧氏、東山寛氏、榊田みどり氏(明治大学農学部客員教授)、司会:小田切徳美・明治大学農学部教授。
 受講料は無料。事前申込み不要。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る