Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

自主性の確保が大前提-農協改革でコメント2016年11月14日

一覧へ

 JAグループは11月11日、規制改革推進会議農業WGの「農協改革に関する意見」に対してコメントを発表した。全農事業と組織のあり方についての同会議の「意見」には、自主性の確保を大前提に創造的自己改革を進める観点から検討する、としている。

 コメントはJA全中、JA全農、JA共済連、農林中央金庫の連名で発表した。
 「意見」では「真に農業者の立場に立った改革」を強調しているが、コメントでは「1円でも多く生産者手取りを確保し1円でも安く良い資材を供給するという農業協同組合の原点に立ち組合員の声をもとに実践する」と表明し、改革について「自主・自立の協同組合として、民間団体として自己改革することが原則」であることや、平成26年6月に決定された規制改革実施計画で農協改革は自己改革を原則とすることを基本的な考えとしており、「その原則やとりまとめ等をこえることは決してあってはならない」と強調した。
 また、「意見」で提言された改革の具体策については、「経営への過剰な介入や農業所得増大の視点から現実的ではない事業・組織の見直しを強制されないことなど、自主的の確保を大前提に創造的自己改革を進める観点から検討する」との考えを表明した。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る