左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

チラシで意思固め 「提言」でJA愛知中央会2016年12月1日

一覧へ

 規制改革推進会議農業ワーキンググループの意見(提言)について、JA愛知中央会は、提言の問題点を整理した県内のJA役職員向けのチラシ=写真=を作成し、問題意識の共有化をはかっている。

チラシで意思固め 「提言」でJA愛知中央会 チラシはA4判で、農業ワーキンググループの意見を裏面で紹介し、表面で問題を、カラー刷りで整理している。全体では「JAは協同組合であり、組合員のものである。なぜ、規制改革推進会議が民間団体である全農・JAの運営方針をきめるのか?
 民間への過剰介入である」と、推進会議の権限を問題にしている。
 次いで信用事業の代理店化は、「営農事業の財源の確保が困難になり、農家所得の向上に逆行する。代理店化は各JAの選択であるのに、『3年後・半減』の目標設定をすることは不当である」と、規制改革推進会議の越権行為を批判する。
 さらに准組合員の利用規制で実態調査・研究を加速するよう求めていることに対し「5年をかけて結論を出すとしている改正農協法附則を超える内容である」と、国会軽視を問題にする。
 さらにJA全農の委託販売廃止・買取販売への転換について、「JAグループの価格交渉力が弱まり、農家所得の増大に逆行する。全量買取を強要することは民間経営への過剰介入」と指摘している。

最新の記事

コルテバアグリサイエンスSP

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る