Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農林水産物輸出 前年比0.7%増2017年2月14日

一覧へ

 農林水産省は2月10日に平成28年の農林水産物・食品の輸出実績をとりまとめて公表した。4年連続で増加したが、前年比0.7%と微増だった。

 輸出額は7503億円だった。26年は前年比11.1%増え6117億円に、27年は同21.8%増えて7451億円だった。
 28年は農産物が3.7%増の4595億円、林産物が1.9%増の268億円となったが、水産物はホタテやマグロの水揚量の減少で4.2%の減少となった。
 農産物の数量の伸びは米30.7%、牛肉18.5%、鶏卵39.0%、ぶどう25.6%、いちご29.1%などと2割以上伸びた品目がある。一方、りんご▲6.4%、かんきつ▲26.2%、ながいも▲13.8%と減少した品目もある。
 輸出先上位は(1)香港1853億円(+3.3%)、(2)米国1045億円(▲2.5%)、(3)台湾931億円(▲2.3%)、(4)中国899億円(+7.2%)、(5)韓国512億円(+2.3%)となった。
 伸び率は過去3年間は2ケタで伸びていたが、28年の伸び率について山本農相は為替の影響が大きいと指摘し、「鉱工業品を含めたわが国の輸出総額が7.4%減。前年を農産物等が上回ることができたのは画期的。オールジャパンの取り組みの成果が出た」としている。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る