秋特集:国生国産PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:デラン
FMCセンターPC:ベネビア®OD
JA全中中央SP

共謀罪法案の強行採決に断固抗議-全農協労連2017年6月15日

一覧へ

 全国農業協同組合労働組合連合会(砂山太一・中央執行委員長)は6月15日、同日早朝に参議院本会議で行われた共謀罪の趣旨を含む「組織犯罪処罰法改正案」の強行採決に「断固抗議し民主主義を守るために引き続き奮闘する」との声明を発表した。

 与党は参院法務委員会での採決を省略、参議院本会議での中間報告の後に強行採決し自民、公明と日本維新の会の賛成で可決、成立した。
 全農協労連は同法は「日本の刑事法を根底から変え一般市民を監視・統制する極めて重大で危険な悪法である」と指摘、それを政府は十分な説明を行わず数の力のみで強引に採決したもので「民主主義を破壊し続ける安倍政権に満身の怒りを込めて抗議する」と表明した。
 また、委員会採決を省略するという「前代未聞の奇策」による成立は、加計学園問題など「政治の私物化の実態を次々に暴露されるなかで国会の幕引きを急いだことは明らか。立法府さえも私物化する暴走政治の極みであり、国民を愚弄する行為だ」と痛烈に批判している。
 また、労働組合はかつて戦時下で解体させられ産業報国会という戦争協力組織となった「痛恨の経験」を持っており、農協の前身組織の産業組合も農業会という国策組織に改変させられ戦争に協力した歴史があることも改めて指摘、安倍政権の戦前回帰の策動を許さず、暗黒の時代の歴史を2度と繰り返さないため「仲間の団結を強化し民主主義を守る運動の一翼を担って引き続き奮闘する」と表明している。

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る