Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「驚愕すべき発言」-安倍発言を痛烈批判2017年6月30日

一覧へ

日本獣医学会声明をHP掲載

 安倍晋三首相が6月24日に、獣医学部新設の全国展開をめざすとの趣旨の発言をしたことに対して、日本獣医学会は6月30日、「日本の獣医学教育の根幹を、ひいては広く大学教育・研究を崩壊に導きかねない、正に驚愕すべき発言」と強く批判する声明を同会ホームページに掲載した。

牧場イメージ 安倍首相は24日に神戸市内で行われた講演会で「国家戦略特区によって1校に限らず速やかに獣医学部新設の全国展開をめざしたい」との方針を表明した。
 これに対して全国大学獣医学関係代表者協議会(稲葉睦会長)と(公社)日本獣医学会(中山裕之理事長)が声明を発表した。
 声明では安倍首相の発言について「獣医師養成教育の現状と本質的問題を理解せぬまま発せられたものであり、日本の獣医学教育の根幹を、ひいては広く大学教育・研究を崩壊に導きかねない、正に驚愕すべき発言」と痛烈に批判、獣医の問題にとどまらず「広く大学教育・研究」をも「崩壊に導きかねない」と安倍首相の教育・研究への理解不足も懸念した。

  ◆    ◆

 今回の安倍首相の発言は、加計学園に獣医学部新設を認めた問題の不透明性を批判する意見に対して「一校に限定して特区を認めた中途半端な妥協が、結果として国民的な疑念を招く一因となった」などとまたしても問題をすり替えたものとなった。
 声明では「一校だけに絞ったことで生じた批判だなどというレベルの問題ではない」と強調し、国家戦略特区を利用した学部新設が、獣医師の需要動向など「根拠を欠く規制緩和」のもとで「妥当性を欠いたまま進められたことが問題」と指摘した。
 また、内閣府の山本幸三規制改革担当大臣が5月末に日本の獣医学部の質は落ちているなどとした発言に対して8日、山本発言のもとになった国際ランキングの問題点や、獣医師の現状と向かうべき方向などについて指摘した声明を出していることに改めて触れ、「わが国の獣医学教育は国際水準化をめざし大きな変容を遂げつつある。世界もそれを注視。現況についての理解なしに獣医学部新設やその全国展開を語るのは、行政の責任者として適切な言動とは言えない」と指摘した。
 そのうえで「規制改革は妥当性があって効果を発揮するはず。新設の件は妥当性の検討が明らかに不十分ではないか」として適切な検証と判断を求めている。

獣医学会HPはこちら

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る