Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

6次産業化へ出資2件決定 農林漁業成長産業化支援機構2017年10月17日

一覧へ

(株)農林漁業成長産業化支援機構は、対象事業活動支援団体(サブファンド)による6次産業化事業体への出資に関して同意決定した。10月13日発表した。

 同機構は法律に基づく官民連携のファンドとして、6次産業化事業体への支援に取り組んでいる。今回対象になった事業体は地元産ニンニクを活用した黒ニンニク販売プロジェクトに取り組む青森市の(株)エージーシー(とうほくみらい応援ファンド)と岩手県大船渡市の(株)海の幸ふるまいセンター(きたぎん六次産業化支援ファンド)の2事業体で、ファンドの出資額はいずれも3000万円。
 エージーシーは青森市のニンニク生産者が生産するニンニクを使って黒ニンニクを製造・販売することで原材料の付加価値向上をめざしている。
 海の幸ふるまいセンターは鮮魚や加工品の直売所のほか、旬の魚介を用いたセットメニューや直売所で購入した水産物を店内で焼いて食べるイートイン形式の食堂を運営する。
 なお、これまで支援機構が同意決定した事業体は、今回の2件を含め合計で117件になった。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る