左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

海外の日本食レストラン11万8000店に-農水省調査2017年11月9日

一覧へ

 農林水産省は11月7日、海外の日本食レストラン数の調査結果を発表した。前回調査の平成27年7月時点から3割増えて約11万8000店となっていることが分かった。

 外務省の協力のもと、238の在外公館を通じて各国の日本食レストラン数を調査した。各国の電話帳やウェブ検索などの情報も活用し現地で「日本食レストラン」として数えられている店舗を対象として10月時点で集計した。
 その結果、27年7月時点の約8万9000店から3割増の約11万8000店の日本食レストランが存在することが分かった。平成18年は約2万4000店、25年は約5万5000店だった。
 地域別では

アジア=約6万9300店
北米=約2万5300店
欧州=約1万2200店
中南米=約4600店
ロシア=約2400店
オセアニア=約2400店
中東=約950店
アフリカ=約350店

となっている。

 

(関連記事)
酒造好適米の30年産需要量 9.5万~9.7万t(17.10.16)
ロンドンで日本食の魅力発信 地域の中小食品企業を支援-クールジャパン機構(17.10.05)
GI産品一堂に 千葉・幕張でフェスタ-JTB西日本(17.09.25)
農林水産物輸出4.5%増 29年上半期(17.08.21)
初音ミクが日本食PR 農水省(17.03.02)
檀れい 日本食普及特別親善大使に(17.02.22)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る