左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農業経営で女性が果たす役割9割が重要と回答2017年11月21日

一覧へ

・女性農業者・農業女子PJ等に関する意識意向調査

 この調査は、農林水産行政に対する意見・要望を把握することを目的に、全国から公募等により選ばれた農林水産情報交流モニターを対象に、生産者モニター1460名、流通加工業者モニター627名、消費者モニター905名の計2992名のアンケート回答を集計し、女性農業者・農業女子PJ等に関する意識・意向を調査したものだ。

 平成29年度農林水産情報交流ネットワーク事業全国調査「女性農業者の活躍推進と農業女子プロジェクト等に関する意識・意向調査」では、農業経営において女性が重要な役割を果たしているかの問いに、64.5%が「そう思う」、「どちらかといえばそう思う」24.4%で、合わせると89%が「そう思う」と回答した。
女性農業者の活躍を推進するために必要なこと、については、「女性が働きやすい職場環境の整備」と回答した割合は69.9%、「女性農業者のネットワークづくり」との回答が49.7%だった。
 農業女子プロジェクトの推進を、今後も進めるべきかについては、「そう思う」が47.4%、「どちらかといえばそう思う」が31.8%だった。
 農業女子プロジェクトで今後重点的に進めるべきことは、「女性農業者による地域に密着した活動の推進」と回答した割合は63.8%、「大学や高校と連携した次世代女性農業者の育成」が48.2%だった。
 しかし、農業女子プロジェクトの認知度については、農業女子プロジェクトを「知らない」と回答した割合は67.1%と最も高く、「名前は知っているが活動内容は知らない」が25.3%、「名前も活動内容も知っている」が7.2%の順だった。
 農業女子プロジェクトについては、何よりも多くの人に、その取組みや活動内容を知ってもらう必要があるようだ。

(関連記事)
「夢ある農業女子応援Project in東北」開催 井関農機(17.08.08)
第42回農業機械士全国大会宮崎大会(17.05.31)
農作業中の受注の電話も逃さない手袋 農場女子PJ・(株)東和コーポレーション(17.05.26)
平成28年度農業白書を読む 【横浜国立大学・大妻女子大学名誉教授 田代 洋一】(17.05.23)
農ガールズの婿探しイベント開催(17.03.21)
農業女子PJ2016オブ・ザ・イヤーに香川県・尾池美和さん(17.03.10)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る