農政 ニュース詳細

2018.02.05 
穂海農耕がGAPで大臣賞一覧へ

・未来につながる農業推進でコンクール受賞者決定

 農林水産省は2月2日、平成29年度「未来につながる持続可能な農業推進コンクール」の受賞者を決定、3月1日に表彰式を行う。

 農水省では、農業生産活動の持続性を確保するため、農業の自然循環機能を生かし、農業生産に由来する環境への負荷を低減する取り組みとして、有機農業をはじめとする環境保全型農業を推進してきた。また食品安全、労働安全、人権保護、農場経営管理などの持続可能性を確保するため、一連の取り組みであるGAPを推進している。
 このコンクールや併せて行われる全国GAP推進会議の開催などもそうした取り組みの一環。
 各部門のコンクール受賞者は次の通り。
 
【GAP部門】
◎農林水産大臣賞
▽(有)穂海農耕(新潟県上越市)
◎生産局長賞
▽青森県立五所川原農林高校(同県五所川原市)
▽(有)まるせい果樹園(福島県福島市)
▽JAおおいたGAP研究会(大分県大分市)
 
【有機農業・環境保全型農業部門】
◎農林水産大臣賞
▽農事組合法人さんぶ野菜ネットワーク(千葉県山武市)
◎生産局長賞
▽北里大学獣医学部附属フィールドサイエンス八雲牧場(北海道八雲町)
▽アグリイノベーション大学校(京都府京都市)
▽(有)くまもと有機の会
 
【申込要領と開催日時】
◎参加可能人数:いずれも250名程度で先着順。
◎申込締切:2月23日午後5時必着
◎申込方法:インターネットかFAXによる。
◎インターネット:平成29年度未来につながる持続可能な農業推進コンクール表彰式及び全国GAP推進会議、有機農業の推進に関する全国会議の参加申込み
◎FAX番号:03-3502-0869
◎送り先:同省農業環境対策課環境保全型農業推進班まで
◎日程と場所:
・表彰式=3月1日午後1時30分から(同省本館7階講堂)
・全国GAP推進全国会議=3月1日午後2時50分から(同講堂)
・有機農業の推進に関する全国会議=3月2日午前10時から(都道府県会館101大会議室、東京都千代田区)

 

(関連記事)
コウノトリ育むお米がグローバルGAP取得 JAたじま(18.01.30)
グローバルGAPをJAの結集の武器に 大林茂松・JAグリーン近江常務理事(17.09.07)
【集落営農がグローバルGAP】作業員の安全が最優先 団体認証で産地力向上も(17.09.04)
【横田敏恭・GAP普及推進機構理事長に聞く】グローバルGAPは世界への通行手形(17.07.31)
GAP実践・認証取得 支援体制を整備(17.05.12)
GAP認証農場 3倍以上に-自民PT(17.05.10)

一覧はこちら


このページの先頭へ

このページの先頭へ