Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

ロシア極東の農業協力でセミナー2018年3月1日

一覧へ

・グローバル・フードバリューチェーン推進協議会も同時開催

 農林水産省は3月8日、東京都内で「日露農業セミナー」と「平成29年度第3回グローバル・フードバリューチェーン推進官民協議会・同協議会インド部会」を開催する。

 平成28年5月にロシアのソチを非公式訪問した安倍首相は、プーチン大統領との間で、8つの項目からなる協力プランを提示し、同大統領から高い評価と賛意が表明された。協力プランの一つには、ロシア極東の農林水産業の発展が課題となっており、日本企業の進出が期待されている。
 セミナーではロシア農業省が掲げる物流ハブ計画について同省のグロムイコ次官がロシア進出に関心のある日本企業に直接説明する。
 また、当日はこのセミナーに先立ち、平成29年度の第3回グローバル・フードバリューチェーン推進官民協議会と同協議会インド部会が開催される。協議会は産学官一体で日本の食産業の海外展開を後押しするのが目的。インド部会では同国のフードビジネスの機会と課題などが報告される。
 当日の両イベントの概要は次の通り。

 
○日時:3月8日、午後2時から6時まで。
○会場:TKP赤坂駅カンファレンスセンター内ホール(港区赤坂2-14-27国際新赤坂ビル東館)
○主な議題:
▽グローバル・フードバリューチェーン推進官民協議会(午後2時から)
(1)第1回日アルゼンチン農林水産業・食料産業対話の結果報告など
(2)パラグアイを起点とした南米でのフードバリューチェーン構築に向けた産官学協力の可能性
▽同協議会インド部会
(1)同国でのフードビジネスの機会と課題
(2)フードインディア・バイ・シアル初開催について
▽日露農業セミナー(午後4時30分から)
(1)ロシア農業省の物流ハブ計画の説明(予定)
(2)今年度プラットフォームの調査報告
・ロシア国内での農林水産分野の事業化の可能性と行政手続きなど
・ロシア極東からの乾牧草の輸入の可能性と課題
○申込方法:メールで。
 ・E-mail:gfvc_maff@maff.go.jp
○申込締切:3月7日、午後6時分必着。
○問い合わせ先:同省大臣官房国際部海外投資・協力グループ
○TEL:03-3502-5914

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る